ホタル舞う庭




※イメージカット


モデルハウスの庭につくった、長さ8メートルの小川とタタミ1畳ぐらいのトンボ池。

ここにホタルが生息する小さな自然環境をつくれるか。モデルハウスのサブタイトルであり、小学生からの僕の夢です。^^


さて、まずはホタルの餌となるカワニナが生息し繁殖するかがポイント。




突然、ここのビオトープにカワニナが現れるわけではないから、ネットで注文、手元に届いたのがこれ。





"ナマモノ"扱いで届きました。そりゃそうですね^^;









あけます。




これだと、なんだかわかりませんね^^;









この小さい黒いものがカワニナ





黒くて長細い形がポイント。

大きさは1センチから2センチ程度







さっそく放流!









今後の観察方法を知人の虫博士に質問してみました。

僕「カワニナ1kg注文しました。水場のあちこちに放流してみます。」

虫博士「1kgだとおそらく1,000匹程度、カワニナは藻類を好む雑食です。うまく繁殖するためには水温の管理が大切。これからの季節、水温が高くないか注意して観察してください。」



そういえば、ホタル育成の書籍にも書いてました。
水温28℃以上になるとホタルの幼虫は育たない。

ここの小川は水温が上がらないよう、植物で陰をつくって直接、日が水面に当たらないよう工夫をしたのが、正解と感じるこの夏になればいいな。




いえにわ工房 Y.T