第三者機関による基礎配筋検査


1999年 住宅の品確法制定
 ↓
2005年 耐震偽装問題
 ↓
多くの偽装物件を抱えた
建設会社は費用を負担し切れずに倒産
 ↓
「住宅瑕疵担保履行法」が制定
これにより
住宅事業者は保険か供託によって
補修費用を確保(資力確保)することが
法律により義務付けらました。





つまり、
瑕疵担保保険に加入をし、
第三者が品質のチェックを行う。



主な検査内容は、基礎・構造です。

これにくわえ、いえにわ工房では
”防水”も検査対象にしています





本日はその最初の基礎配筋検査を行ってもらいました。


確認申請書に添付している図面通りになされているかチェック



















大きな指摘事項もなく、

無事完了。




さて明日は
コンクリートを打ちます。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いえにわ工房
リノベーション・新築・住宅・古民家再生・住宅リフォーム・セルフリノベーションのサポート・家具のオーダー・エクステリア・ガーデニング・造園・植栽・セルフガーデニング・家と庭における設計・施工・デザイン
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・